カテゴリ:未分類( 8 )

京都の冬 1/4

紅葉のシーズンには間に合わなかったけれど、京都に行きました。生憎の雨でしたが、そこは侘び寂びの世界なので、それを楽しむのが風流ということにしました。最初に訪れたのが、詩仙堂です。徳川幕府旗本の石川丈山が、引退後に90歳で没するまで暮らしました。丈山は、庭造りの名人。名前の由来は、中国の詩家36人を選定し、それらの肖像画を狩野探幽に描かせ、四方の壁に掲げたところから来ています。
詩仙堂
a0141307_2385374.jpg
a0141307_239672.jpg
a0141307_2391741.jpg

続いて大原の寂光院です。聖徳太子が御父用明天皇の場代を弔うため建立したと伝えられています。貴族の姫らが法燈を守り続け、壇ノ浦の合戦で破れた平清盛の息女で高倉天皇の皇后、安徳天皇の御母である建礼門院が文治元年(1185年)にお入りになりました。2000年の火災のため、現在の本尊は復元されたものです。そのため、本尊の地蔵菩薩は侘び寂びとはほど遠い、真新しいご仏像でした。
a0141307_23195141.jpg

a0141307_2320495.jpg
大原の里
a0141307_2320496.jpg
寂光院
a0141307_23211835.jpg
a0141307_23214825.jpg
今回は、いくつもの手水を撮りました。
a0141307_23225470.jpg

[PR]
by taro14nov09 | 2009-12-11 23:26

京都の冬 2/4

三千院へは、あちらこちら寄り道しながら行きました。途中の京野菜の売店を見たおばちゃんが、一緒にいた旦那に、この野菜を買いたいけれど、これから見物するの持って歩くのは面倒、でも売れ切れたらどうしようと相談していました。仏様よりも先に食べ物の心配をするところが、料理人と呼べます。
大原の里
a0141307_23322087.jpg
a0141307_23323590.jpg
a0141307_23325470.jpg
a0141307_23333022.jpg
a0141307_23331673.jpg
a0141307_2333449.jpg
a0141307_23335848.jpg
a0141307_23341319.jpg
a0141307_23342668.jpg
お昼は、京都名物の鰊そばをいただきました。
a0141307_23352489.jpg
先ほどの京野菜は、私が帰るときまでありました。もしかしたら、補充したのかもしれません。
[PR]
by taro14nov09 | 2009-12-11 15:39

京都の冬 3/4

三千院が、今回の京都見物のハイライトです。ここは、やはり紅葉シーズンに訪れたかったですね。三千院は、寛和二年(986)に天台浄土教の恵心僧都源信が建立したと伝えられています。三千院と称するようになったのは、明治になってからです。往生極楽院の阿弥陀三尊像は、国宝だけあって見ごたえがありました。もちろん、撮影はしていません。靴を脱ぐ労を惜しまずお堂に上がり、お坊さんの説明を聞いたところ、心がけが良いので極楽にいけるとの保証を得ました。京都に行ったかいがありました。
三千院
a0141307_23515777.jpg
a0141307_2352887.jpg
a0141307_23521911.jpg
a0141307_23523096.jpg
a0141307_23524411.jpg
a0141307_23525769.jpg
a0141307_2353746.jpg
a0141307_23535664.jpg
a0141307_23532588.jpg
a0141307_23541729.jpg
a0141307_23542898.jpg

[PR]
by taro14nov09 | 2009-12-11 10:56

京都の冬 4/4

駐車場のおばちゃんに勧められて、三千院の帰りに実光院に寄りました。天台声明は、ラジカセから流れていました。合唱がいいです。
実光院
a0141307_001835.jpg
お茶と茶菓子をいただきました。
a0141307_02880.jpg
秋から冬に咲く不断桜。花は小さいけれど、咲いている期間が長いのが特徴です。
a0141307_0433.jpg
a0141307_041513.jpg
a0141307_045526.jpg
この柿ノ木の枝ぶりが印象的でした。
a0141307_054458.jpg
池に映った風景です。
a0141307_061747.jpg
このシリーズの最初の写真がセンリョウでしたが、これはマンリョウです。
a0141307_065997.jpg
a0141307_07982.jpg
おしまい
[PR]
by taro14nov09 | 2009-12-11 00:08

昭和記念公園 2009年11月

昭和記念公園のイチョウを見に行きました。天気が良く、風もなく、絶好の撮影日和でした。写真愛好家の数も多く、良いポジションでは順番待ちといったところでした。
a0141307_10305818.jpg
a0141307_10311247.jpg
a0141307_10312222.jpg
a0141307_10313495.jpg
a0141307_10314488.jpg
a0141307_10315676.jpg
a0141307_10321152.jpg
a0141307_10322149.jpg
a0141307_10323320.jpg
a0141307_10324172.jpg
a0141307_10325059.jpg
a0141307_103325.jpg
a0141307_10331217.jpg
a0141307_10332226.jpg
a0141307_10333365.jpg
a0141307_10334581.jpg
a0141307_10335636.jpg
a0141307_1034730.jpg
a0141307_10342059.jpg
a0141307_10343139.jpg

[PR]
by taro14nov09 | 2009-11-21 10:36

新宿御苑 秋 

菊花以外にも、新宿御苑の秋を感じさせる景色がありました。
a0141307_20233854.jpg
プラタナスの並木
a0141307_2024758.jpg
a0141307_20241987.jpg
a0141307_20243316.jpg
a0141307_20244277.jpg

[PR]
by taro14nov09 | 2009-11-17 20:25

菊花展 2009年11月

靖国神社、新宿御苑、日比谷公園の菊花展を回りました。ほぼ1年間、丹精込めた花は見ごたえがあるものばかりでした。カメラの設定は、スタンダード、彩度-1、コントラスト-1、JPEGです。肉眼ではあまり感じないのですが、写真になると白菊がの色がプラチナに見えます。黄も輝きを得ます。
大作り花壇
a0141307_19491495.jpg
a0141307_19503469.jpg
一株から最大数700輪の花が咲くように仕立ててあります。新宿御苑の独自技法です。花全体が、菊花展にあわせて同時に咲き、姿かたちも揃うという、極めて高度な技術が必要です。
一文字菊、管物菊花壇
a0141307_19533567.jpg
a0141307_1954321.jpg
a0141307_19544538.jpg
a0141307_19545625.jpg
a0141307_1955814.jpg
a0141307_19552190.jpg
a0141307_19553574.jpg
a0141307_19554825.jpg
a0141307_1956167.jpg

大菊 厚物、厚走り
a0141307_19562921.jpg
a0141307_19574194.jpg
a0141307_19575131.jpg
a0141307_1958278.jpg
a0141307_1958129.jpg
a0141307_19582220.jpg

江戸菊 咲き始めから満開までに形を変えます。
a0141307_2001717.jpg
a0141307_19583692.jpg

[PR]
by taro14nov09 | 2009-11-17 20:01

諏訪峡と吹割りの滝 2009年10月

10月末に群馬県の利根川沿いにある諏訪峡と吹割の滝へ、バスツアーで行きました。
諏訪峡
紅葉を期待していたのですが、まだ早かったようです。
a0141307_836928.jpg
a0141307_8362673.jpg
a0141307_8363689.jpg
a0141307_8364725.jpg
a0141307_836576.jpg
a0141307_8372011.jpg

りんご園
りんご園は、食べ放題。もぎたての林檎はとても美味しかったですが、昼食直後では沢山は食べられません。昼食は天ぷらにご飯やうどんと、そこらへんに配慮したメニューなのでしょうか。
a0141307_838433.jpg
a0141307_8381570.jpg
a0141307_8383925.jpg

吹割の滝
東洋のナイアガラと呼ばれているそうですが、滝の上から水が流れ落ちる様はナイアガラに似ています。もちろんナイアガラのように、船で滝つぼに行き、滝を見上げるようなスケールではありません。紅葉は日陰になると発色も悪く、前もって日が射す時刻と位置を知らないと、いい写真が撮れませんね。滝までの歩道と滝の付近に柵がまったくなく、毎年何人か落ちると添乗員さんから注意がありました。群馬県は、観光客の生命に関心がないのでしょうか。
a0141307_839530.jpg
a0141307_839153.jpg
a0141307_8392545.jpg
a0141307_8393677.jpg
a0141307_8394561.jpg

[PR]
by taro14nov09 | 2009-11-14 09:03